検温時に使えるフレーズ

こんにちは。英語接客コンサルタントの馬上千恵です。

とうとう外国人観光客の受け入れが再開されました。

特に観光地では海外からのお客様の受け入れ準備が始まっており、特に
新型コロナ拡散防止と予防のためのいろいろな取り組みをどのようにお知らせするか
に重点を置いているところも多いようです。

今までもブログでいろいろな表現を取り上げてきました。
以下のページにまとめております。ぜひご覧ください。

withコロナ時代 英語接客フレーズまとめ

さて、今日は体温に関するフレーズです。

体温=body temperature

と言います。体温計=thermometer、または body thermometer です。

この体温という単語を使って以下のような例文が作れます。

当店は体温チェックが必要です。ご協力ありがとうございます。
A body temperature check is required at our store. Thank you for your cooperation.

(入る前に)体温を測らせてください。

Let me check your temperature (before entering).
Let me take your temperature (to enter).

または、以下のようにいうこともできます。

検温してもよろしいですか? (より丁寧です)
May I please take your temperature? / May I check your temperature, please? 

検温することになっております。(ちょっと強い感じです)
I just need to take your temperature. 

体温が37度以上の場合は入店することができません。(許されません):張り紙などに使う表現です。

If your body temperature is higher than 37 degrees Celsius, you are not allowed to enter the store.

If your body temperature is higher than 37 degrees Celsius, you cannot enter our store.

実際に測って伝えるときは、

体温が37.5度を超えています。申し訳ありませんが、入店できません。

Your temperature is higher than 37.5 degrees Celsius. We are afraid that you cannot enter our store.

という風にお伝えすることも可能です。

こちらにさらに実践的な検温フレーズを掲載しております。
ご覧ください。検温時に使える英会話 ~ウィズコロナ時代の接客英語フレーズ~

もちろん、状況や場所によって英文が変わることもあります。
これらの英文があっているか、ご使用前に確認することをお勧めします!

ご自身の施設にあっているのかどうか不安、もっと良い表現がないか?という場合はぜひ、

接客英会話セミナー・研修をご受講ください。

海外からのお客様を受け入れる準備は、回復してからでは間に合いません!

通訳案内士の視点、豊富な英語講師経験で、実践的な英語接客研修をご提案。

ご要望に特化した内容で、スタッフの対応力だけでなくモチベーションもアップ! 

今なら先着5社様料金の20%OFFサービス中(6月末迄)です。

詳しくはこちらをご覧ください。

接客英会話セミナー・研修

またオンラインでの実施も可能です。


withコロナ時代に使えるおもてなし英会話オンライン講座・研修

今まで対面で行っていた講座がオンラインでも受講可能になりました。
60分で効率的に新型コロナウィルスに感染予防に関する基本単語やフレーズ学ぶ講座です。
コロナ収束後に戻ってくるであろう海外からのお客様のために、また英語に対するモチベーションが下がった、あるいは忘れそうになっているスタッフのために、今、できることをはじめてみませんか?

>>おもてなし英会話オンライン講座について詳しく見る