with コロナ時代に使える英語接客フレーズ:印の所に並んでください

こんにちは。英語講師の馬上千恵です。

少しずつ経済活動が再開されている反面、感染者の数が増えるなど、今でも予断を許さない状況が続いています。

新型コロナ感染予防の対策も進み、マスクや消毒液の使用はすっかり日常のものとなりました。もう一つ、日常化したのが「ソーシャルディスタンス」です。

今日はこの「ソーシャルディスタンス」に関連する英会話フレーズをご紹介します。


並ぶときは他の方と2m(6フィート)距離を保つようにしてください。

Please maintain a distance of at least 2 meters (6 feet) from others while you line up.

 

ソーシャルディスタンスのため、お会計の際は黄色の線(の後ろ)でお待ちください。

Please wait behind the yellow lines for checking out for social distancing.

 

レジでお待ちいただく際の立ち位置を、黄色の線で表示しております。

Yellow lines indicate where to stand when checking out.

 

線のない所でも、間隔をあけてください。

Please stand apart even without lines.


いかがでしょうか?

注)英語は日本語より具体的な言語なので、これらの英語フレーズがすべての状況に適切とは限りません。状況に合わせて適宜、単語や内容を変更してご使用ください。

より状況にあった英語フレーズが必要な皆さまのための「伝わる」新しい生活様式対応翻訳サービスもご用意しています。以下のページをご覧ください。

【新しい生活様式】応対提案書・英語表記作成