入湯税 英語でどうやって説明する?

こんにちは。英語接客コンサルタントの馬上千恵です。

GWは家族と東北の温泉巡りをしてきました。

いわゆる秘湯と呼ばれる小さな宿を訪れたせいか、あまり外国人観光客の方と一緒になることはありませんでした。

ですが、ある宿のフロントでスタッフと外国人のお客様が精算書について話をしている場面を目撃しました。
それは「入湯税」に関すること。
もめているわけではなく、「この料金は何?」という感じでお客様は尋ねており、
対応しているスタッフは一生懸命英語で説明していました。
けれど、お客様は「???」と納得いかない様子。
時間がなかったせいか結局、「もういいわ。」とその場を去られてしまいました。

私たちも数百円であっても思い当たらない金額が請求書にあったら気になりますよね。

「そんなこと言っても英語で説明できないよ~。」

だったら、説明をあらかじめ用意しておけばいいんです(^^♪

あらかじめ伝えたいことを英語や中国語で用意しておいて、
「こちらをご覧ください」
と差し出せばOKですよ。

一度作ってロントにおいておけばみんなで共有できますね。

例えば入湯税でしたらこんな風にお伝えできると思います。

入湯税という制度があります。日本の法律で義務付けられています。
We have the bathing tax policy. It is required by the law in Japan.
お1人当たり一泊150円です。
The cost is 150 yen per person per night.
お風呂の施設を使わない場合でも、お客様にはお支払いいただいております。
You have to pay the tax when you are our guest, even you don’t use any bath facilities.
ご理解いただけますと幸いです。ありがとうございます。
Your understanding is very appreciated. Thank you.

内容は施設によって異なると思いますが、参考になれば幸いです。

—————————————————————-
英語がペラペラなスタッフがいないから外国人観光客への接客が不安だ、なんて思っていませんか?でも、実はペラペラ英語でなくても楽しく接客は可能です!
1番人気!たった1回でも変化を実感。接客英会話セミナー